修士課程1年の矢野仁実さんが日本膜学会・膜シンポジウム2017で学生賞を受賞しました。

【受賞内容】層状ペロブスカイト構造を有する複合酸化物からソフト化学手法により創出したペロブスカイト型酸化物ナノシートについて、分散溶媒、ナノシート濃度、スピンコート条件を最適化することで、稠密配列した単相薄膜の作製に成功した内容が評価されて受賞しました。