先端化学科の学生へ(Japanese only)
【研究室概要】

我々は、環境浄化材料およびエネルギー材料を中心とした機能性無機材料(セラミックス)の探索と、その高機能化を目指している無機材料化学の研究室です。

無機材料の合成では不均一系の反応により得られるものが大半であり、いわゆる有機化学の「化学」のイメージとは少し異なるところがあります。そのなかで対象とする物質・材料を根本から理解し、合成だけでなく評価(分析)技術も含めた理解・向上が重要になります。

無機材料の合成技術では「固相合成法」や「液相合成法」は勿論のこと、「ソフト化学」の技術を駆使して新物質の合成と高機能化へ挑戦し続けています。一方、物質の持つ物理的性質の要因を探る上で必要な結晶構造の詳細なデータを得るため、フラックス法などを用いて「単結晶育成」にチャレンジし、単結晶X線回折測定により構造解析・構造精密化も取り組んでいます。ケースバイケースになりますが、単結晶育成が難しい材料については放射光施設での測定・解析を進めています。

対象とする材料については【研究テーマ概要】(←ここをクリック、もしくは下の「Research」リンクからをご覧下さい。環境材料、エネルギー材料を中心に多岐に渡って研究を進めています。

【配属希望を含めて研究室に関心のある学生へ】

藤本研究室では、無機材料(セラミックス)に関する複数の分野(酸化物・合金・ガラスという素材の違いだけでなく、電池・触媒・熱電・センサ・蛍光体などの機能を含む)において、一人ひとりが異なる材料系を担当しています。材料の合成法も多岐にわたっています。その環境のなか、先輩後輩の垣根を超えて意見を交わしあう事で、自分の分野だけに限定せず多くの合成法と機能材に関心を持てるようになってもらえればと考えています。社会に出れば、場合によっては数年おきに大きく分野(無機系から有機系などへ)が変わる可能性があります。卒業研究や大学院での研究は、その最初の一歩に過ぎません。最初の一歩に過ぎませんが、大学で学べる時間を最大限に有効活用し、自分の知識・研究を深掘りしつつ、周囲の情報にもアンテナを張り、一つの概念に固執しない柔軟な発想を持ってほしいと考えています。

無機材料におけるひとつひとつの研究作業は非常に地味ですが、毎日(平日)研究を進めるなかで現象を注視し、常に進化を追求する、地道で粘り強い研究生活にチャレンジしたいメンバーを求めます。

また、材料探索の高速化が近年注目を浴びており、高速材料合成技術・計算化学技術・データベース化技術の3本の柱をどのように発展させていくか、検討が進められています。藤本研究室は「高速材料合成技術」および「データベース化技術」を組み合わせたインフォマティクス研究を駆使して多成分系機能材料の探索に挑戦していきます。その学術的発展に協力してくれるメンバーも大いに歓迎します。

<学部2・3年生>最新情報はガイダンスで配布される資料で確認し、気になるテーマがあればご相談ください。

研究室の見学については「Enquiry」のページ内容を確認のうえ、アポイントメントをとるようにお願いします。